ごあいさつ ─About─

陶芸家 吟子オフィシャルホームページ HOME > ご挨拶 ─About─

作品画像

ご挨拶

私は、陶で「色を立体的に表現すること、微量の毒を入れること」に重きを置いて制作しています。

まずは色彩について。色を表現するとき、上絵* ではなく、下絵* (色化粧)にこだわっています。なぜ下絵(色化粧)にこだわるのか?上絵の色彩表現はツルンとしていて、どうしても表面的になってしまいます。私の作品は、泥に顔料を混ぜて少しずつ盛ってモリモリにし、焼成後に指で触れたときの、ぷっくりとしたモコモコ感を楽しめるように工夫しています。こうすることで、色を立体的に表現することが可能となるのです。

「色彩を愛で、触れたときのモコモコ感をも楽しむ」――私は、このことを重視しています。

そして、「微量の毒を入れる」。

作品は、綺麗で可愛いだけではなく、そこに「色気」がなくてはなりません。“カワイイ” だけでは忘れられてしまうのです。何か心に引っ掛かる、ゾワゾワするものがないと、人の印象に残ることはできません。色気とは何か?私は「毒」ではないかと考えるのです。それは人間の慾だったり、嫉妬だったり、人生の苦みだったりする訳です。このような意味合いを作品に盛り込むことによって、「その毒、私も味わったことがあるわ」――というように、作家と鑑賞者の間にある種の共感が生まれるのではないでしょうか。

「綺麗事だけでは生きていけない」――そういうことも、陶で表現していきたいのです。

私の作品を画像でご覧になっても、きっとこの面白さは半分も伝わらないでしょう。もし機会がございましたら、ぜひ実物をご覧になり、モコモコ・ゾワゾワしてください。

Greetings

When producing ceramic art it is very important for me to express colors in a three-dimensional way and to add a slightly adulterate element to the work. When using colors I prefer underglazed* decoration, in which decorative paint is added to the surface before it is glazed and fired, to overglazed* decoration, where the paint is added after firing. Why is this so important to me?

Painting over glazed ceramic tends to be one-dimensional. I find ways to mix clay with pigment and add the colors little by little. By doing this I can create a sense of tactile enjoyment from the varying thicknesses of the colors after firing. This enables the expression of colors in three dimensions. These things comprise the basic elements of my work: the enjoyment of colors and the tactile pleasure of textures.

Perhaps I should clarify what I mean by “adding a slightly adulterate dimension to my work” . I aim for the colors I use to be not only vibrant but also passionate. It’ s my belief that the merely vibrant is a transitory quality which is gradually forgotten by the viewer. In order to leave a more lasting impression the work needs to create shiver of recognition.

So what exactly does “passion” mean to me? For me it is conveyed in the word “intoxicating” by which I mean all the emotions that flow through us; greed, jealousy, misery. Adding these humanized elements to the work helps create empathy between artist and viewer. In short, I aim to create works which represent these inner-feelings and cherish the theme – No one can lead their life purely along idealistic lines.

It’ s hard to grasp what I am trying to do with my art just by looking at it on the screen. Come to my exhibitions and enjoy the tactile thickness of the colors and the chance to shiver with recognition.

  • * 上絵→釉薬を掛け、焼成後に絵付をする方法。
  • * 下絵→釉薬を掛ける前に生地に絵付をし、その上に釉薬を掛け焼成する方法。
  • 絵が釉薬の上か下によって上絵か下絵が決まる。
  • *Overglazing: a painted decoration applied over already and fired pieces.
  • *Underglazing: a painted decoration is applied to the surface before it is glazed and fired.
Page top