陶芸に対する想い ─Concept─

陶芸家 吟子オフィシャルホームページ HOME > 陶芸に対する想い ─Concept─

concept

陶芸に対する想い

ある年のクリスマスの朝、「陶芸家になる」と心に誓った。
人生に迷い、混沌とした世界に身を落としたとき、
常に私を救って教えてくれたのは芸術だった。
私は死ぬ寸前まで制作したい。

何があっても諦めない。とにかく続ける。たとえ評価されなくても続ける。

死ぬまで作り続ける――これが、陶芸に対する私の想いである。

Passion for Ceramic Art

I decided to be a professional ceramic artist one Christmas day morning. Art has always been the saving grace of my life especially when I have gotten lost the labyrinth of “real life” and found myself in chaos. I have a burning desire to produce until the very last minute of my life.

Even if my works were not valued by others, I would never give up. That is my passion for ceramic art.

Page top