作品紹介 ─Works 2015~─

陶芸家 吟子オフィシャルホームページ HOME > 作品紹介 ─Works 2015~─

  • 白拍子花子 ~情念の舞~
  • 輝け!!パーティガール
  • 花魁道中
  • Extra Supermoon
  • 嫐る女
  • いずれ儚く散る定め

白拍子花子 ~情念の舞~ -Shirabyoshi Hanako – Dance of Pathos-

白拍子花子

click to enlarge

  • <白拍子花子 赤> 制作年 2017年
    高さ/ height:54cm 幅/wide:43cm 奥行/depth:26cm
    マット金(matte gold),マット白金(matte platinum)

  • <白拍子花子 黒> 制作年 2017年
    「第24回日本陶芸展」入選作品
    高さ/ height:52cm 幅/wide:43cm 奥行/depth:23cm
    マット金(matte gold),マット白金(matte platinum)

「第51回女流陶芸公募展」なにわ国内留学受賞作品

今回の作品は、2016年に歌舞伎座で見た12月大歌舞伎「京鹿子娘五人道成寺」という演目がテーマとなっております。主人公の白拍子花子の艶やかで、情念のこもった舞を是非とも陶芸で表現したいーという思いから制作いたしました。

この歌舞伎の演目は、能の「道成寺」に登場する安珍・清姫伝説の後日談が基となっています。

結婚の約束をした若い僧の安珍に裏切られた清姫が激怒のあまり大蛇となって、道成寺の鐘の中に逃げ込んだ安珍を鐘ごと焼き殺し、自らも命尽きてしまうーと言うお話です。

それ以来、道成寺には鐘がありませんでしたが、やっと鐘が奉納されることとなり、鐘供養が行われることになりました。

鐘供養の噂を聞きつけた「花子」という美しい白拍子がやって来ます。是非とも鐘を拝ませてほしいーと若い僧たちに懇願します。

道成寺は女人禁制なので、僧たちは花子の願いを聞き入れません。しかしながら、花子が余りに美しいので、金色の烏帽子を被り舞を披露することを条件として、入山を許可してしまいます。

「鐘に恨みは数々あるが…」と、烏帽子を被り舞い始めます。どんどん妖しさを帯びて行く花子の姿に、若い層たちはこの花子が清姫の化身であることに気付きます。

しかしながら、時すでに遅し!ついに清姫は鐘の中に飛び込み、僧たちが鐘を引き揚げると、清姫は大蛇となって現れたのでした。

死してもなお、安珍を想い続ける清姫の、怨念のこもった舞をどうにか陶で表現出来たのではないかーと自負しております。

Japan study Award for the Enhibition of work,Women's Association of Ceramic Art

The theme of this work is the December Grand Kabuki piece called “Kyoganoko musumeGo-nin Dojoji” that I watched in the Kabuki-za Theater in 2016. I produced this work with a strong wish to express the main character Shirabyoshi Hanako’s bewitching dance filled with pathos.

This Kabuki piece is based on the sequel to the Legend of Anchin and Kiyohime which appears in the Noh play “Dojoji”.

The story is as follows. A young monk Anchin promises to marry Kiyohime but betrays her. Kiyohime becomes so furious that she turns into a giant snake and kills Anchin who escapes into a temple bell in Dojoji by burning himself together with the whole bell. She then ends her life as well.

Since then, Dojoji Temple has had no bell. Finally a bell is to be dedicated at Dojoji, and a ceremony to consecrate it is to be held.

A beautiful Shirabyoshi (dancer) called “Hanako” who heard about consecrating the bell comes to Dojoji. She pleads with the young monks to let her see the bell.

The monks do not accept her wish at first, because women are not allowed to enter Dojoji. However, Hanako is so beautiful that they cannot help but approve her entry with the condition that she dances wearing a golden Eboshi (formal headwear for court nobles).

She wears the Eboshi and starts dancing, while singing “I have a lot of resentment against the bell…” Seeing her take on a growing mysteriousness, the young monks realize that Hanako is the incarnation of Kiyohime.

However, it is too late now! Kiyohime jumps into the bell. When the monks pull the bell out, Kiyohime appears as the giant snake.

I feel proud that I managed to express the dance of deep-seated resentment of Kiyohime who still continues to have feelings for Anchin even after she died by pottery.

  • 白拍子花子1

    <白拍子花子 黒:拡大>

  • 白拍子花子2

    <白拍子花子 黒:拡大>

  • 白拍子花子3

    <白拍子花子 赤:拡大>

  • 白拍子花子4

    <白拍子花子 赤:拡大>

花魁道中 -Oiran Dochu (Processions of Courtesans)-

花魁道中

click to enlarge

  • <かむろ一号> 制作年 2016年
    高さ/height:40cm 幅/wide:28cm 奥行/depth:25cm
    マット金(matte gold),マット白金(matte platinum)

  • <高尾> 制作年 2016年
    高さ/height:48cm 幅/wide:46cm 奥行/depth:31cm
    マット金(matte gold),マット白金(matte platinum)

  • <かむろ二号> 制作年 2017年
    「第24回日本陶芸展」入選作品
    高さ/height:40cm 幅/wide:28cm 奥行/depth:25cm
    マット金(matte gold),マット白金(matte platinum)

作陶10年目を迎えた2016年。

この10年間は強烈でした。

逆境に耐え、常に自分と対決して、「有る」とも「無い」とも分からぬ
曖昧な才能に人生を賭けて参りました。

そんな作陶10年目の集大成として、自分の思いの丈を表現するには、
どうすれば良いか―と思いを巡らせました。

どんな苦境に立たされても生き抜く女の「強さ」、
女の「張り」、女の「粋」を表現したい。

そこへ煌びやかな女の「華やかさ」も盛り込んで。

それらの要素を表現するには「花魁道中」がピッタリではないか?
-と閃いたのです。

吉原の遊女たちの命は儚く短い。

廓を出るには3つの方法しかない。

身請けされるか、勤め上げて年季が明けるか、死ぬか…。

大半の遊女の行きつく先は投げ込み寺。

こんな苦界の中でも、最高位の遊女になれば「花魁」と呼ばれ、
女としての出世を遂げることが出来たのです。

贅を尽くした衣装を身に纏い、高下駄をはいて外八文字を描きながら、
禿・新造・遣り手や多くのお供を引き連れて、格調高く仲之町を練り歩く。

―それが「花魁道中」。


この厳しい芸術の世界で、自分の信念を貫いて、
いつの日か花魁のように大輪の花を咲かせたいと願っています。

I celebrated my tenth year of producing porcelain in 2016.

These ten years have been tempestuous.

I suffered adversity, and bet my life on the ambiguous question of
whether I had any talent or not.

I wondered what I could do to express my own thoughts
in a way that would sum up my tenth year of porcelain production.

I wanted to express the strength, the willpower and the stylishness
that women display no matter what hardships they had to face.

I therefore incorporated the splendor of resplendent women.

I then hit on the idea of Oiran Dochu (Processions of Courtesans)
being perfect to express this element.

The lifespans of the prostitutes
in the Yoshiwara red-light district were fleetingly short.

There were only three ways in which they were able to go out of
the Yoshiwara quater and leave the profession:

To purchase their freedom, to fulfill their period of service
and end their indenture, or die…

The final destination for the majority of these prostitutes was
the Nagekomi-Dera Temple,
where their corpses were discarded after death.

Despite these hardships, the women who reached the top
of their profession were known as Oiran courtesans;
a position that enabled them to rise to eminence.

They dressed in luxurious fineries and led processions consisting
of many servants, apprentices and brothel madams through
the streets of Nakanocho,walking nobly on tall wooden geta clogs
in their characteristic manner.

These were known as Oiran Dochu (Processions of Courtesans).
I also hope that I am able to uphold my principles within the harsh
world of the arts so that one day I may bloom into a beautiful
blossom in the same way as these high-class Oiran courtesans.

  • 花魁道中1

    <かむろニ号:拡大>

  • 花魁道中2

    <高尾:後姿>

  • 花魁道中3

    <高尾:後姿>

嫐る女 -The Ways that Women Belittled Men-

嫐る女

click to enlarge

制作年2016年
高さ/height:55cm 幅/wide:40cm 奥行/depth:28cm
マット金(matte gold), マット白金(matte platinum)

「DISCOVER THE ONE JAPANESE ART」
タイモン・スクリーチ賞 受賞作品(イギリス)

男+女+男と書いて「嬲る」

弱いものを苦しめたり、弄ぶ―という意味。

2014年は、女を苛めて、女を潰す男をテーマに「嬲る男」を制作した。

この「なぶる」という漢字には逆バージョンがある。

女+男+女と書いて「嫐る」

意味は全く同じ。

嬲られたままでは悔しいので、嫐り返してやろうと思い、
「嫐る女」を制作するに至った。

帯の部分を女とし、川の部分を男と見立てた。
両側から帯で締め上げて苦しめる様を表現した。

「嫐る女」を制作するに当たり、
私には真っ先に浮かんだJAZZの名曲がある。

仕返しをする女。なじる女。そんな女のイメージ。

それはJulie Londonの代表曲“Cry Me A River”だ。

しかし、しっとりとスモーキーヴォイスで歌い上げるJulie Londonでは、
私には物足りない。

もっと激しく、もっとおどろおどろしく、女の情念を切々と、
男に対する恨み節をBig Bandで歌い上げる
Michael Bubléがカバーした“Cry Me A River”がピッタリだ。

涙の一つも見せずに冷たく別れを告げて背を向けた男。

それなのに戻って来た。不誠実で悪かった―と。

そんな男に対して女は何度もこう言い放つ。

「川になるくらい泣けばいい!私が泣いたように。」

DISCOVER THE ONE JAPANESE ART,
Timon Screech Award(England)

The word “taunt” in Japanese is written with a combination of the kanji characters [Male] + [Female] + [Male].
It means to pick on people who are weaker and treat them like playthings.

In 2014, I produced a work entitled “Taunting Men” based on a theme of men tormenting and demoralizing women.

But, there is another word in Japanese that is written with a combination of the kanji characters [Female] + [Male] + [Female], and that word is “mock.”
These two words are perfectly synonymous.

Having men taunt women is not a good situation to leave unattended, so I have now produced a work entitled “Mocking Women” so that the ladies can get their own back.

The bowed belt represents women and the river represent men.
The belt is slowly tightening on both sides to represent torment.

When creating “Mocking Women,” I had a particular jazz song in mind.
A women getting revenge. A women censuring someone. That was the image I nurtured.

The song I had in mind was Cry Me A River by Julie London.

But, there was something missing in the smoky voice with which Julie London sings this.

I wanted something more violent, more frightening. Something that cut through to the true emotions of women. I therefore chose the version of Cry Me A River as covered by Michael Bublé backed by a big band and singing about resentment toward men. Perfect!

Men who coolly break up with women and turn their backs on them without a single tear.
And then try to make up again; apologizing for being unfaithful.
Women have said the following countless times to these types of men;

“Cry me a river. Like I cried a river over you.”

いずれ儚く散る定め -You Only Live Once-

いずれ儚く散る定め

制作年 2015年

高さ/height:61cm 幅/wide:43cm 奥行/depth:40cm

マット金(matte gold), ブライト金(blight gold), 白金(platinum)

click to enlarge

人生は一度きり。

いずれ儚く散る定め。

ならば、たった一度で良いから

豪華絢爛きらびやかに咲き誇って

ぱっと儚く、潔く散りたい。

You Only Live Once

It is destined to be fleeting.

In which case, it is better lead a flamboyant existence, if only once, and bloom in all our

glory as we watch it fleet by with good grace.

輝け!!パーティガール -Glitter!! Party Girl-

輝け!!パーティガール

  • 輝け!!パーティガール
  • 輝け!!パーティガール

神戸ビエンナーレ2015
「現代陶芸コンペティション」入選作品

神戸ビエンナーレ2015
「現代陶芸コンペティション」のテーマがスキ。

ということでこのテーマを基にコンセプトを考えました。

お洒落な都・神戸。

そんな神戸の街にはお洒落大スキ♡ファッショニスタが
集う街でもあります。

その中でも流行に敏感で新しいもの、優れたもの、愛らしいものが大好きな
キラキラ輝くパーティガールを「陶」で表現してみました。

Kobe Biennale 2015
Selected for entry in the Competition of Modern Ceramic Art

Kobe Biennale 2015
I love the theme behind the Competition of Modern Ceramic Art.

I therefore came up with a concept based on this theme.

The fashionable city of Kobe.

Fashonistas who love fashion tend to gather in Kobe.

In celebration of this, I came up with an image rendered in ceramics of a glittering party girl who is very sensitive to trends and who loves new things, superior things and cute things.

制作年 2015年

高さ/height:57.5cm 幅/wide:43cm 奥行/depth:41cm

マット金(matte gold), 白金(platinum)

click to enlarge

Extra Supermoon

Extra Supermoon

click to enlarge

制作年 2015年
高さ/height:63cm 幅/wide:51cm 奥行/depth:10cm
マット金(matte gold), 白金(platinum), 金継ぎ(lacquer mixed with gold)

「第23回日本陶芸展」入選作品

2014年9月9日。

この年最後のスーパームーン。

テレビでもネットでも話題になっていた。

あの日の月は今迄に見たことがないくらい巨大だった。

兎に角、真ん丸で、気高く、黄金に輝いて、

叫びたくなるくらいに艶(あで)やかだった。

「この感動を誰かに伝えなければ!」

私の心を揺さぶる月。

あれはエクストラ・スーパームーン*だったのだろうか…。

あの月を忘れない。

*月が近地点に到達する前後1時間以内に、満月または新月になり
通常のスーパームーンよりもさらに大きく見える現象。
提供元;「デジタル大辞泉」

Selected for the Japan Ceramic Art Exhibition 2015

September 9th, 2014
This was the last supermoon of the year and was widely covered on the Internet and on television.
The moon that night was enormous; something I had never seen before.

Perfectly round, sublime and shining luminously, the moon was so enchanting that it made me want to cry out,
“I have to express this deep emotion to someone!”
The moon that night stirred my heart.
Was it actually an extra-super moon?
I will never forget it…

*Extra-super moon (perigee moon) is the phenomenon of a full moon occurring on the perigee side of its orbit, making it seem bigger and brighter than other full moons.

Page top